★4月度ヌーソロジー教室ご案内(京都・大阪)

★今月のテーマ:「カント哲学」再考

~「人間の内面」の発見、そして内側の平和の為に~

 

近代哲学の祖である18世紀の哲学者カントは

 

西洋哲学史上、間違いなく最重要哲学者の一人と言われます。

 

「批判哲学」と言われる、その思想の核心を言えば

 

理性で認識が可能な領域(現象)と

 

認識できない領域(モノ自体)を明確に分けたということです。

 

 

この理性が認識できる「現象」を分析する時に

 

「認識が対象に従うのではなく、対象が認識に従う」として

 

認識(主観)と対象(客観)の関係を逆転させた

 

「コペルニクス的転回」が有名です。

 

※あなたの主観が目の前の世界を作り出している?

 

 

ヌーソロジーから見れば、ここでカントが為し遂げたことは

 

「人間の内面」の発見・・・と言えそうです。

 

そしてこのことは、いくら強調してもし過ぎることはない。

 

 

ヌーソロジーは「人間の外面」を発見する哲学と言ってもいいでしょう。

 

しかしそれは、逆に「人間の内面」を発見することでもあるのです。

 

明確な「外面意識」は明確な「内面意識」と共にあり

 

曖昧な「外面意識」は曖昧な「内面意識」と共にある・・・と言えましょう。

 

 

ですから、「人間の内面」を看破することはとても重要なのです。

 

カントは精緻な「内面分析」をしたのですが

 

「外面方向」にあたる「モノ自体」を曖昧にしてしまったと言われます。

 

事実、カント哲学を継承した現象学の祖・フッサールは

 

この「モノ自体」という概念を嫌い、なくそうとしました。

 

 

しかし私たちにはヌーソロジーがあります。大変恵まれています。

 

ヌーソロジーによって内面と外面の構造が明確になり

 

この両面を明確に認識できる道が開かれたのです。

 

 

ところで「戦争」もまた「人間の内面」の仕業です。

 

いま起きている戦争を終わらせる為にも

 

世界から恒久的に戦争をなくす為にも

 

各自、「人間の内面」を見切ることが必要ではないでしょうか。

 

 

※先月の「戦争と平和と変換人」のパート2となります。

 

このメルマガでは書ききれなかった、ロシア情報の統心流分析もやってみたい。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

 

★4/26(火) 京都教室ヌースライブ

場所:キャンパスプラザ京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視

統心のフリートーク中心に自由にやっています。

毎回楽しい会となり、とても好評です。

 

 

★4/30(土) 大阪教室ヌースレクチャー

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式

テキスト・スライドを作り上げ、構成しっかりで臨みます。

時間もゆったりで、アフターも楽しいです。

 

 

※但し、現行の感染症対策の方針には従います。

 

・定員20名

・マスク持参

・体調の悪い方はご遠慮ください

 

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。