★12月度ヌーソロジー教室ご案内(京都・大阪)

◆今月の定例ヌーソロジー教室

12/22京都・12/26大阪

 

テーマ:2020年総集編、そして「充足理由律」の世界へ

 

毎年、7月にそれまでの半年を振り返る「総集編」ですが

 

今年はコロナ禍でやれませんでした。

 

そんな年でしたが、既に8回ものレクチャーを発振しています。

 

1/25 2020年の展望

2/29 位置の転換 概論

3/30 過越の567(コロナ)

6/27 変換人のアフター567

7/25 持続空間の経済 パート1

8/29 持続空間の経済 パート2

10/31 二極化の本質 パート1

11/28 二極化の本質 パート2

 

振り返れば、この1年の流れ、すべて一貫していました。

 

そして極めつけが本日の木星(Ω7)と土星(Ω8)の会合、という訳です。

 

ですからここで「総集編」をやることには大きな意義があると思います。

 

この2013~20までの8年間で、間違いなく「一つのカタチが完成」したからです。

 

 

ただ振り返りるだけでは統心的に満足できないので(笑)

 

今回もまた新しい内容を少し

 

「充足理由律」をぶっこんで行きたいと思います。

 

 

充足理由律・・・全てに理由がある、ということ。

 

「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」

 

これはライプニッツが唱えた、根源的命題。

 

どんな出来事にも、そうであるためには充分な理由がなくてはならない、という原理。

 

要するに「偶然はない」ということ。

 

物事には必ず理由がある。それも充分な。

 

「充分な理由」とは、「それでなければいけない。他の何かではいけない。」ということです。

 

わたしはこれを「あなたでなければいけなかった」という「自身の存在理由」として

 

初級レクチャー第6巻で熱く語りました(いつも熱く語ってますね、このヒト・・・www)。

 

 

あなたの顔・体型・性質・歴史・・・すべてがそうでなければいけなかったんだ!などと激しく・・・

 

私はこれを「真の愛」の定義として語りました。

 

当時、福岡で聞いて下さった半田さんも

 

「こういう話は初めて聞いた・・・」

 

とうれしい感想を下さいました。

 

 

あれから統心の思考はさらに進んでいます。

 

今回はもう少し、ロジックを明確にしてクールに・・・www

 

とくに「時間」の問題と絡めて

 

このライプニッツの「充足理由律」の世界を探求してみたいと思います。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方にも向けた解説を心がけています。

 

 

★12/22(火) 京都教室ヌースライブ

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視

統心のフリートーク中心に自由にやっています。

毎回楽しい会となり、とても好評です。

 

 

★12/26(土) 大阪教室ヌースレクチャー

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式

テキスト・スライドを作り上げ、構成しっかりで臨みます。

時間もゆったりで、アフターも楽しいです。

 

※大阪・京都の感染症対策の方針に従います。

 

・定員20名

・マスク着用

・体調の悪い方はご遠慮ください

 

 

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。