★10月度ヌーソロジー教室ご案内(京都・大阪)

◆今月の定例ヌーソロジー教室

10/27京都・10/31大阪

 

テーマ:二極化の本質

~内外それぞれの二極化を見極めよ~

 

格差社会の到来が言われて久しいですが

 

ここ最近、とくにスピリチュアル界では「二極化」の話題で持ちきりです。

 

しかしその大半の主張は「イケてる・イケてない」「勝ち組・負け組」の範疇を出てない様子。

 

それを突き詰めると終末論の変化バージョンでもあり、相変わらず商業主義に回収されています。

 

現状への不満とルサンチマンを抱えた「救われたい」人々が

 

外部の権威や栄光に依存するという形式。

 

何とも救われがたい構造。

 

 

ヌーソロジーにおいては、人間の本質である「無意識構造」に絶対的な信頼を置きます。

 

そして、その無意識構造から生成してきた生命・肉体・地球にも絶対的な信頼を置いています。

 

無意識構造とは「アカシックレコード」などと解釈されることが多いですが

 

確かにそうなのですが、その表現ではレコードを読むこちら側(人間側)に主体があるような感覚(主観性)が残りそうです。

 

主観性は自我を強め、物質主義を進め、一神教精神に囚われてしまいます。

 

そうではなく、その反対側、反転側・・・ヌーソロジーではそこに「霊」という表現を使います。

 

いつも言ってることですが、「霊」とは「全体」です。一即多・多即一の領域。

 

「全体」という言葉は「全体主義」と勘違いされやすいですね。

 

別の言い方をすれば「共同体」ということができます。共同体精神。

 

 

半田さんは最近のツィートなどで

 

宗教によって「霊」が滅ぼされ

科学によって「心魂」が滅ぼされ

いまやコンピュータによって「肉体」が滅ぼされようとしている

 

と、シュタイナー思想の「霊・魂・体」を元に語っておられます。

 

いまの人間は霊を失い、心魂を失い、いよいよ肉体まで失おうとしているのです。

 

この「肉体まで奪われる」というところに、「外側の二極化」の本質があります。

 

そうです、ヌーソロジーにおいても「二極化」は重要なテーゼ(命題)としてあるのです。

 

 

それと、ヌーソロジーにおける「二極化」にはもう1つ、重要な側面があります。

 

それは「内側の二極化」です。これは絶対に外せない。

 

内側に「別人」を作ること・・・半田さんはいつもこう言われます。

 

ヌーソロジー実践者として、統心はこの言葉の意味がよく分かります。

 

私はこの「内側の二極化」を「双子精神」などと表現しつつ

 

ずっと探査し、試行錯誤と実験を続けて来ました。

 

それ故、いま「二極化」が騒がれ出しているのを聞くにおよび

 

何というか・・・あの人達(動画などでよく語っているスピリチュアルな人達とか)って・・・

 

う~ん、確かにアンテナは凄いね!と思ってしまいます(笑)

 

「霊」は全体ですから、時期が到来すれば、そりゃそういう情報を一斉に受け取ることでしょう。

 

 

それはいいのですが、大切なのは「構造」です。

 

「構造が弱いとルシファーに回収される」

 

先日のヌースビギナーズラック動画の中で半田さんが語られていたことです。

 

本当にそう思う。構造(カタ)が大事。

 

そしてカタを身につけるには、繰り返しの稽古が必要だったりします。

 

 

今回はこの「二極化の本質」として

 

この「内外の二極化」と大切な構造(カタ)について語って(カタッテ)行きたいと思います。

 

これは前回までの経済論を進める上でも大切になります。

 

MMT理論もまた、このカタによる理解と実践がキモだと思われます。

 

ということで、統心流経済論のおさらいもさっとやっておこうと思います。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方にも向けた解説を心がけています。

 

 

★10/27(火) 京都教室ヌースライブ

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視

 

 

★10/31(土) 大阪教室ヌースレクチャー

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式

 

※大阪・京都の感染症対策の方針に従います。

 

・定員20名

・マスク着用

・体調の悪い方はご遠慮ください

 

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。