★1月度ヌーソロジー教室ご案内(京都・大阪)

◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都

 

テーマ:『2020年の展望』

 

毎年最初の教室は、1年の展望を見ていく回です。

 

ヌーソロジーを軸に易学や世界情勢を交えながら

 

今年の方向性を一緒に探っていきましょう。

 

 

霊性文明時代、すべての始まりは2013年からです。

 

すると今年は8年目のψ8にあたる年となります。

 

ψ8とは「位置の転換」と呼ばれますが

 

昨年のψ7「位置の変換」とはペアになる数字です。

 

 

オコツト:釈迦の意識は現在覚醒球領域(ψ8)に位置させられています

 

コーセン:ではイエスはどうですか。

 

オコツト:同じく覚醒球領域にあります。

 

※かつて「人類が神をみる日」にはこのような事が書かれていました。

 

 

ψ7~8は観察子の全体構造(ψ1~14)から見ても「真ん中」に位置します。

 

さらに「自己と他者」や上次元(ΩやΦ)の全体構造を考慮しても

 

いつでも「7~8」が「真ん中」です。

 

要するに、7~8がすべての土台となっています。

 

 

7まで立ち上げてきた「奥行き」の方向性が

 

8で「幅」に展開してくることも予想できます。

 

「地湧の菩薩」・・・

 

大地から次々と菩薩達が立ち上がってくる、そんなイメージの年でもあります・・・。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方にも向けた解説を心がけています。

 

 

★1/21(火) 京都教室ヌースライブ

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視

 

 

★1/25(土) 大阪教室ヌースレクチャー

場所:江之子島文化芸術創造センター Room11

午後1時半~5時

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式

 

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。