★9月度ヌーソロジー教室のご案内

今月のテーマ:

カタカムナとヌーソロジー・第1弾

「アワとサヌキのサトリについて」

 

 

2019年の年間テーマ「思形と感性」

 

これは「男性性と女性性」のことでもあります。

 

「今年は男性性と女性性の統合について見ていきます」

 

と年頭に発表したにも関わらず

 

半年間その話題に手を付けられませんでした。

 

 

でも当初から私には直観がありました。

 

「これはカタカムナを扱うことになるな」

 

そんな折、広島のカタカムナ研究者・御手洗さんからお声がかかったのです。

 

それで7/6の広島講演会から9/22広島ヌーソロジー教室の実現となりました。

 

 

カタカムナの思念に「アワとサヌキのサトリ」というものがあります。

 

簡単に言うと、アワは女性性、サヌキは男性性のこと。

 

サヌキ性は自己主張をし、目的に向かって突き進む性。

 

アワ性は陰に回り、周囲に気を配り、相手を立て相手に順応しようとする性。

 

 

このアワ・サヌキは単純な相対性ではありません。

 

アワの中にサヌキ性があり、サヌキの中にアワ性があるのです。

 

その様相を「四相」と言います。

 

これはヌーソロジーの「双対性」や「四値論理」と同じ考え方です。

 

 

ところで、カタカムナを研究する相似象学会誌によると

 

現代文明は「サヌキ性」を助長する社会であり

 

よりサヌキ性の強い者が出世して栄光を受ける「サヌキ型社会」なのです。

 

 

サヌキ型社会においては、「アワ性」の強い者は社会の風潮になじめず

 

その為に自分自身を正当に評価する基準を持てず

 

自己評価を下げ、不当に自虐をし、生命を衰弱させることになるのです。

 

 

しかしながら、かつての生命力にあふれた古代の文明においては

 

どの民族も「アワ性」の強い人を評価し尊重した「アワ型社会」でした。

 

 

要するに現代文明の堕落と滅亡の危機とは

 

とりもなおさず、この「アワとサヌキ」という

 

「性のサトリ」に対する「全くの無知」から来ているのだと

 

相似象学会では結論づけています。

 

 

このカタカムナの視線は

 

対立する「思形と感性」「男性性と女性性」の問題を整理し

 

並格的・調和の関係性を見出して行くことが

 

来たる霊性文明への道であるとする

 

ヌーソロジーの視線と重なってきます。

 

 

「思形と感性」の統合に

 

カタカムナがどんなヒントを与えてくれるのか

 

これから数回に渡り

 

相似象学会誌を紐解きながら見ていきたいと思います。

 

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方に向けた解説を心がけています。

 

 

★9/24(火) 京都ヌース教室

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視です

 

 

★9/28(土) 大阪ヌース教室

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式です

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。