★6月度ヌーソロジー教室ご案内(京都・大阪)

◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都

 

テーマ:「原因論と目的論 パート2」

 

先月取り上げた話題をもう少し掘り下げます。

 

新約聖書ヨハネによる福音書第9章に以下のようなエピソードがあります。

 

*************

 

イエスが道をとおっておられるとき、生まれつきの盲人を見られた。

 

弟子たちはイエスに尋ねていった、

 

「先生、この人が生まれつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それとも両親ですか」。

 

イエスは答えられた、

 

「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したものでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。」

 

*************

 

障害者を見て、何の罪が原因かとまさぐる弟子たち。これが「原因論」の典型です。

 

そんな原因論者に対して、イエスの回答は実に痛快。

 

曰く、誰の罪でもない、神のみわざが現れるためだと。

 

このイエスの回答こそが、まさしく「目的論」です。

 

 

真実の「目的論」、これを聖人のありがたい話に留めておく時代は過ぎ去りました。

 

今や私たちの誰もが、日常生活において、この領域に生きる時なのです。

 

ヌーソロジーの空間認識をもってすれば、それは可能。

 

 

原因論は人間型ゲシュタルト。

 

目的論は変換人型ゲシュタルト。

 

 

先月に続く「目的論」の第2弾は

 

より実践的な内容へと深めて行きたく思います。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方に向けた解説を心がけています。

 

 

★6/25(火) 京都ヌース教室

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

◎京都教室はライブ感覚重視です

 

★6/29(土) 大阪ヌース教室

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

◎大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式です

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。