★2月度ヌーソロジー教室のご案内(京都・大阪)

◆今月のテーマは、「思形と感性」概論

 

関西ヌーソロジー研究会では、2019年のテーマを

 

「思形と感性」としました。

 

観察子で言えば、思形(ψ9)・感性(ψ10)です。

 

 

オコツトによれば、この2つが交差するものが「精神」なのであり

 

この2つの性格を持つものが「人間」であると定義されます。

 

 

「思形と感性」を平たく言えば

 

思考と感覚、男性性と女性性、左脳的と右脳的とも解釈できます。

 

「審神者と巫女」の関係でもあります。

 

 

そしてそれは、自分の内なる男性性と女性性のこと。

 

 

思形と感性が登場するステージは「調整質」と呼ばれ

 

その意味するところは、2012年までの人類歴史6500年に相当する期間、

 

物質文明であった「調整期」にも通じています。

 

 

良い意味でも悪い意味でも、この存在世界に混乱をもたらした根源が、この「思形と感性」なのです。

 

 

「思形と感性」の統合が、難しい課題として横たわっています。

 

それは、内なる男性性と女性性の統合、つまり「内なる結婚」のことでもあるのです。

 

 

今年一年を通して、この問題の核心に迫って行きたいと思います。

 

今月は、まずその概論から。

 

 

興味がある方はどなたでもお越し下さい。

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

できるだけ、初心者・一般の方に向けた解説を心がけています。

 

 

★2/19(火) 京都ヌース教室

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

★2/23(土) 大阪ヌース教室

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。