★9月度ヌーソロジー教室のご案内(京都・大阪)

9月度のテーマ:クオリア

クオリア・・・赤なら赤、バナナならバナナの主観的印象のこと。感覚質とも言います。

私の見ている「赤」は、彼の見ている「赤」と同じなのだろうか。

私の味わっている「バナナの味」は、彼女が感じている「バナナの味」と同じなのだろうか。

これらは誰しもが一度は思った疑問でしょう。

その主観的印象であるクオリアは、現在の科学では説明することができません。

これを「意識のハードプロブレム」と言います。


現在の科学は、意識を脳内現象の結果として捉えています。

そのような枠組みでは、クオリアは説明できないのです。

私の感じている赤と彼女の感じている赤が同じだと説明できない。

電磁波の周波数や神経細胞発火の物理現象としては説明できますよ。

でもその「感じ方」は説明できない。

それは人によって全く違う可能性があるし、もしかしたら彼女は感じていない可能性もあるのです。

感じているふりをしているだけ。これは「哲学的ゾンビ」という思考実験です。

ここには今話題の人工知能問題もからんできます。

人工知能が意識を持つか否か?は、そのままクオリアの問題でもあるのです。


そしてヌーソロジーにおける意識進化の方向性とは

このクオリアを明確に認識していくことであると私は確信しています。


興味がある方はどなたでもお越し下さい。

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

できるだけ、初心者・一般の方に向けた解説を心がけています。



★9/25(火) 京都ヌース教室
場所:ウィングス京都 会議室11
午後6時半~9時

★9/29(土) 大阪ヌース教室
場所:江之子島文化芸術創造センター Room8
午後1時半~5時

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。