★9月度のヌーソロジー教室(大阪・京都)

9月度のテーマは

 

「人間型ゲシュタルトと一神教」です。

 

一神教はとても誤解されています。

 

一神教の反対語は?というと多神教と思いがちですが

 

真の意味において、

 

一神教の反対語は「偶像崇拝」なのです。

 

また、一神教の神と言えばヤハウェとかアッラーを思い浮かべるでしょうが

 

ヤハウェもアッラーも単なる読み方の一つであり

 

本当は「発声することもできない記号」なのです。

 

その名を呼ぶことすらできないのです。

 

これはどういうことでしょうか。

 

なぜ「偶像崇拝」を禁じるのか。

 

そして旧約聖書によれば

 

「わたしは全能の神である」

 

「あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない」

 

これを素直に読むと、聖書において神は「わたし」「わたし」と連発しています。

 

というか、神ではなく、すべて「わたし」になっています。

 

これって?もしかして・・・「わたし?」

 

そうです。

 

その真意は、ヌーソロジー~自分教でばっちり読み解くことができます。

 

いままで誰も言わなかった一神教解釈。

 

元クリスチャン、今はヌーソロジストの

 

とうしんならではの切り口で一神教を紐解いてみます。

 

 

とうしん勉強会は、いつでも初めての方オッケーです。

 

ふらりと遊びに来て下さい。

 

 

★9/19(火) 京都ヌース教室

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

★9/23(土) 大阪ヌース教室

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

《お申し込みフォーム》

※ヌーソロジー教室に参加ご希望の方は、上記バナーをクリック!

Awakes(統心)は「とうしん」名でアメブロを書いています。「自分教」ガイドではヌーソロジーに限定せず、実生活の現場で役立つ「自分教」という新しい生き方を探求しています。

当会代表のAwakes(統心)のブログです。「ヌーソロジー実学派」の切り口で、観念的と思われがちなヌーソロジーによる「生活革命」を目指しています。(現在更新を停止しています。過去記事はあります。)一度ご覧下さい。