★10月度ヌーソロジー教室のテーマは”φ”

●【10月度テーマ 黄金比φの世界】

今月の関西ヌース教室では
黄金比φ(ファイ)を取り上げようと思います。

φをつかってちょっと遊んでみましょう。

黄金比φ、その近似値としての1:1.618。
「最も美しい比」とされ
自然界の随所にその姿を現します。

φの神秘性に触れれば
誰もが自然界に対して畏敬の念を感じることでしょう

人智を越えた、大きな力を想定する時
必ずそこにはφが暗躍しています。

φは生命活動そのものの象徴です。

φの神秘的な力への信頼性は高く
ピラミッドなど古代建築物に多く登場するのはもちろん
現代の産業界においても隠れて多用されています。

アップル社のロゴはφだらけですし、
iPhoneもφだらけで構成されています。

黄金比φとは一体なんでしょうか。
そしてφが意識進化とどのような関係があるのでしょうか。

大アリです!(爆)

φとは
内割比=外割比
をもたらす奇跡の比率です。

内割と外割が同じになると聞くと
ヌース的感の良い人はピンとくるでしょう。

内と外の反転か?……と

「内外反転」こそが意識進化の第一歩である
と関西ヌース教室では毎回サブリミナルの如く
皆さんにお伝えしています。

私は戦争・環境破壊・差別などの世界の問題から
個人・家庭の身近な問題まで

すべては「内外反転」認識の確立によって
解決されると堅く信じております。

では一体どうやって「内外反転」認識を達成するのか。
その為のヌーソロジー空間認識論なワケですが

反転後の世界の解像度がまだまだ低い為に
相互了解に難があるのが現状です。

その解像度を上げるためには
いろんな応用技と
その世界を見た人同士のシェア
が必要になってきます。

内割=外割をもたらすφには
いままで触れることさえできなかった
存在の外部……
そこへの侵入のヒントがあるように思います。

存在の外部に侵入することは
内外反転と同じ意味です。

黄金比φを使って
存在の外部にある「もうひとりの私」に出会うこと

それが「存在の双子との出会い」

私たちの意識進化が目指す目下の到達地点です。


初めての方大歓迎。お楽しみに。

★10/18(火)京都ヌース教室
場所:ウィングス京都 会議室11
午後6時半~9時

★10/29(土)大阪ヌース教室
場所:江之子島芸術文化センター ルーム12
午後1時半~5時半

 

《お申し込みはフォームからどうぞ》

※ヌーソロジー教室に参加ご希望の方は、上記バナーをクリック!

Awakes(統心)は「とうしん」名でアメブロを書いています。「自分教」ガイドではヌーソロジーに限定せず、実生活の現場で役立つ「自分教」という新しい生き方を探求しています。

当会代表のAwakes(統心)のブログです。「ヌーソロジー実学派」の切り口で、観念的と思われがちなヌーソロジーによる「生活革命」を目指しています。(現在更新を停止しています。過去記事はあります。)一度ご覧下さい。