今月の方向性

今月の方向性 · 2022/08/04
今月の定例勉強会はありません。夏休みです。 2013年より関西ヌーソロジー研究会をスタートして、毎月のように京都・大阪での定例勉強会を続けて来ましたが、8月だけはお休みを頂いてきました。 ここでいったん休むリズムが、秋以降の展開へと繋がるのですね。顕在意識は休んでいても、潜在意識では手広く活動している統心流であります。...
今月の方向性 · 2022/07/26
★テーマ:2022年度上半期総集編プラス! ~「世界はない」と「中動態」をマスターせよ!~ 毎年7月度の恒例行事、上半期総集編です。 ひたすら「前」に導かれて歩み続ける関西ヌーソロジーの顕在化教室。 道なき道を開拓しながら、気づけばその歩んだ道が「顕在化道」となって姿を現す・・・。...
今月の方向性 · 2022/07/22
ホームページが新しくなって、これからどんどん更新していくよ! このホームページを統心情報のポータルサイトにしていきたいと思います。 7月度は、毎年恒例の『上半期総集編』となりそうです。 2022年の「顕在化の道」をすべて振り返り、整理・統合していきます。 そこには先月のテーマ「中動態」が大きく関与するでしょう。...
今月の方向性 · 2022/07/08
今月のテーマ:中動態の世界を探究する ~「能動-受動」の枠組みからの脱出~ レクチャーで初めて「中動態」を取り上げたのは2019年12月。 この時はまだ紹介程度で、いつかまたきちんと取り上げなければならないと思っていました。...
今月の方向性 · 2022/04/26
★今月のテーマ:「カント哲学」再考 ~「人間の内面」の発見、そして内側の平和の為に~ 近代哲学の祖である18世紀の哲学者カントは 西洋哲学史上、間違いなく最重要哲学者の一人と言われます。 「批判哲学」と言われる、その思想の核心を言えば 理性で認識が可能な領域(現象)と 認識できない領域(モノ自体)を明確に分けたということです。...
今月の方向性 · 2022/03/25
●戦争は正義と正義のぶつかり合い 戦争には双方の言い分があり どちらが正しい・間違っているというのは、実は言えないのです。 『事実は一つ、真実は人の数だけある』 という言葉があります。 正義とか善悪は「真実」に関わることです。 真実の背後には「価値観」があり、「判断」があり、「ストーリー」があります。...
今月の方向性 · 2022/02/21
◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都 テーマ:「知覚空間」を開く ~光と色をめぐるニュートンとゲーテの対立とは? 文豪ゲーテ・・・ナポレオンも愛読したという『若きウェルテルの悩み』はシュトルム・ウント・ドランクの代表的作品とも言われる。...
今月の方向性 · 2022/01/25
◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都 テーマ:2022年「位置の融和」とレンマ的知性 ~ 2022年の展望と感性空間顕在化への道 ~ 2022年はψ10顕在化の年です。そして「位置の融和」の年。 ψ10は感性ですから、これから感性空間が開けてくることになります。 感性空間とは知覚空間のことです。知覚とは言語の対化です。 言語が「頭で分かる」ことだとすれば...
今月の方向性 · 2021/12/20
◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都 テーマ:「人間の内面」について パート2 ~「自我構造」の解明、そして「マトリックス」からの脱出?~ 先月取り上げた「人間の内面」の探究、その続きです。 ここは大切な所なので、もう少し詳しく見ていきましょう。 工学博士 前野隆司氏の著書『脳はなぜ「心」を作ったのか』が出版されたのは2004年。...
今月の方向性 · 2021/11/22
◆今月の定例ヌーソロジー教室/大阪・京都 テーマ:「人間の内面」について ~ついに「自我の構造」が解明され、自我は終わりを迎える?~ それは一冊の本から始まりました。 「ピダハン」・・・言語本能を超える文化と世界観 2012年3月、みすず書房から発刊された本。ご存じの方もあるでしょう。...

さらに表示する