★1/16(日) 2022統心オンライン講演会 第1弾

2022 川瀬統心オンライン講演会 第1弾

日時:1/16(日) 14:00~18:00

方法:ズーム・ウェビナー

費用:3000円

※オンデマンドで後日視聴もできます。

※当日参加された方も、後から何度でもオンデマンド視聴ができます(約1ヶ月)。

 

★お申し込みはこちら(現在、オンデマンド録画視聴)★

 

関西ヌーソロジー研究会主宰

ヌーソロジー研究家であり内在探求者

自分教ガイド・川瀬統心によるオンライン講演

 

2022年「感性」の顕在化への道シリーズ 第1弾

 

テーマ:2022年の展望とトリニティの覚醒

~現実版「とりかえばや物語」のはじまり~

 

**************************

 

川瀬統心はヌーソロジー実践家です。

 

その実践とは「顕在化」のことを意味します。顕在化とは、無意識領域を意識上に、認識に浮かび上がらせることです。

 

関西ヌーソロジー研究会として2013年から顕在化の道を毎年一つずつ歩んで来ました。

 

顕在化のプロセスは2013年から2039年まで26年間にわたる人類全体の「意識進化」の道程でもあります。

 

その10年目である本年は「ψ10(感性)の顕在化」の年にあたり、ヌーソロジーではこの働きを特に「位置の融和」と呼んでいます。

 

では2022年はいったいどのような年になるのでしょう・・・統心が直感するに、それはずばり「トリニティの覚醒」が起きる年だと睨んでいます。

 

「トリニティ」とは現在上映中の映画『マトリックス4』の女性主人公。彼女の覚醒は今作の中心的テーマですが、それが2022年を導くヒントになると統心は確信しているのです。

 

トリニティの覚醒・・・それは女性性の目覚めのこと? それが感性の時代の幕開け?

 

いえいえ、そんな単純な話ではありません。

 

いやむしろ単純どころか、男が女になり女が男になるような、そんなややこしい話になるかも知れません(笑)

 

いや、でも真面目にそう思っています。事実、『マトリックス』の監督であるウォシャウスキー「兄弟」は、本作『マトリックス4』からはウォシャウスキー「姉妹」になっています。ウソのようなホントの話です。

 

まさに現実版「とりかえばや物語」。

 

※「とりかえばや物語」・・・平安時代後期に成立した物語、作者不詳。関白左大臣には2人の子供がいた。1人は内気で女性的な性格の男児、もう1人は快活で男性的な性格の女児。嘆く父は2人の役割を取り替え、男児を「姫君」として、女児を「若君」として育てる・・・。

 

 

そしてトリニティの覚醒は、統心が今年掘り下げる予定の各テーマにも通底しています・・・「贈与論」「中動態」「クオリア」「耳を開く」・・・。

 

トリニティとは「三位一体」。三位一体とは主客一致の様相でもあります。

 

・交換と贈与を三位一体する「純粋贈与」

・能動と受動を三位一体する「中動」

・モノとイミを三位一体する「クオリア」

・空間と時間を三位一体する「聴覚」

 

統心の脳内シナプスは激しく発火する・・・。

 

さらにそれが男女逆転の「とりかえばや物語」に・・・? 統心自身もよく分からないまま、この展開にただ導かれているような状態。さてさてどうなりますやら。

 

今年予定している一連のオンライン講演会においては、これらの研究成果をその都度発表して行くつもりです。

 

さあ共に顕在化の道を歩み出そうではありませんか。

 

まずは年頭に際し、ヌーソロジー実践家である統心が思うところを放言いたします。乞うご期待。

 

統心はあなたの中の「変換人」を産むお手伝いを致します。

 

 

※今回が初参加の方も問題ありません。むしろ、ちょうど良いタイミングです。

 

※ヌーソロジーについては全くご存じでない方でも、どなたでも聞いて頂ける内容です。

 

 

 

 

★★★ 現在はオンデマンド録画視聴でご覧いただけます(2/20まで) ★★★

 

→録画視聴のお申し込みはこちら

 

 

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。