★とうしん流「令和」考察

【とうしん流・「令和」考察】

 

先ほど関西ヌースメルマガにて送信した内容ですが

こちらにも掲載させて頂きますね。

 

 

**************************

 

みなさん、こんにちは。

関西ヌーソロジー研究会の川瀬統心です。

 

すっかり暖かくなり、春の陽気が続いていますね。そして遂に新元号「令和」が発表され平成も残すところあと10日となりました。

 

新元号「令和」、皆さんはどのように受け止められましたか?

 

多くの人が「れいわ」という響の「優しさ、美しさ」を感じたようですね。私もそうです。とても美しいと思いました。

 

令には「垂直」のイメージがあり、和には「水平」のイメージがありますね。垂直と水平がきちんと交差して、霊性と地上の接続を感じます。霊性文明時代にふさわしい元号ではないでしょうか。

 

 

もちろん反感を持つ人がいることも知っています。令が命令“order”を連想するから、「和たらしめよ」と強制的な支配による和合とか。これからますます右傾化が進み、全体主義、再軍備へと突入していくという流れへの心配なのでしょう。

 

 

基本的には2つの意味合いがあり、どちらを選ぶかは各自の内側による、ということではないでしょうか。

 

奇しくも令和の英語読みに“Reiwa”と“Leiwa”の2つあって、公式にはReiwaが採用されましたので、Right(右側)の「R」、もう1つのLeiwa、Left(左側)の「L」が背後に隠れましたが、

 

これは政治的な右・左という世知辛い解釈ではなく、言霊・霊学的な右(身着り・みぎり・物質)と左(霊足り・ひだり・霊性)と素直に捉えましょうよ(笑)

 

 

そしてもう一つ。

 

「令和」という漢字をじっと見ていて気づきました。

 

なんか「命」の字に似てるなぁと。直観・右脳はすぐに分かるんですね。

 

和の「口」を「令」に移動させたら「命」になります。

 

そして残った「禾」は?

 

あ、「禾」=「ノ」+「木」じゃん、って。

 

 

おお、「令和」=「命ノ木」、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

 

 

創世記、エデンの園の中央にあった2本の木。

 

1つは「善悪知るの木」、もう1つは「生命の木」。

 

人間は「善悪知るの木」の実を食べて堕落したのですが、こちらは「物質性」を象徴していると解釈できます。

 

もう1つの「生命の木」は堕落後に神に取り上げられ隠されるのですが、隠された方が「霊性」であることは明か。

 

 

「生命の木」を得るということは「霊性を取り戻す」ということになります。

 

ですから「令和=命ノ木」、これって霊性文明そのもじゃないですか!

 

 

以上、とうしん流「令和」解釈でした。

 

それでは次回、令和天皇の新しい時代にてお会いしましょう!

 

 

 

※今週は定例ヌース教室があります。

 

★4/23(火) 京都ヌース教室

場所:ウィングス京都 会議室11

午後6時半~9時

 

※京都教室はライブ感覚重視の会です

 

★4/27(土) 大阪ヌース教室

場所:江之子島文化芸術創造センター Room8

午後1時半~5時

 

※大阪教室はビデオ撮りするレクチャー形式です

 

《お申し込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。