☆5/28(土)大阪ヌースやります

今月の大阪ヌースでは、「人間の外面・人間の内面」について深く掘り下げて行きたいと思います。

 

人間は普通、自分の内側に心があり、その内側から外の世界、物質世界や環境をのぞき見ている、体験しているというパラダイムで生きています。内側が心や精神であり「主体」、外側が物質や世界であり「客体」という認識、ごく当たり前の認識ですよね。ですがこれこそが「人間型ゲシュタルト」であり、頑なな自我の巣窟で、山積する全ての問題の元凶であるというのです。まずはこの認識を逆転させるのです。

つまり私たちは内側から外側をのぞき見ているのではなく、実は外側から内側をのぞき見ているのだ、という逆転です。これが「位置の交換」。これによって、心とか内在世界と思っていたものが全て目の前になります。目の前の物質や環境こそが精神世界だったということになります。この認識を開始するのが「位置の交換」であり、「外側から内側をのぞいていた」という発見が、それぞれ「人間の外面」と「人間の内面」と呼ばれます。ここ、ややこしい人はスルーしてくださいね。とにかくこれが「ψ3空間の顕在化」であり、ここから意識進化が始まります。

(ブログ「自分教ガイド」より)


初めての方大歓迎。お楽しみに。

 

【5月度大阪ヌース・土曜昼】
日時:5月28日(土)
場所:江之子島芸術文化センター ルーム8
大阪市西区江之子島2丁目1番34号
◎最寄り駅:地下鉄「阿波座」駅・8番出口より徒歩3分
受付:午後1時20分~
勉強会:午後1時半~午後5時まで
ナビゲーター:川瀬統心
費用:2000円
※アフター懇親会あり。近くの居酒屋にて。

★お申込はフォームからお願いいたします。

 

関西ヌーソロジー研究会

川瀬統心

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。