★DVD商品は、ご入金を確認してからの発送となります★

お申し込み直後、自動返信にて合計金額と振込先をお知らせしています。

迷惑メール等の設定によっては、返信メールが不達の場合もあります。

翌日になっても返信メールが来ない場合は、すぐにお問合せください。

※問合せ先:info@kansai-noos.com まで

★直近の6回分だけこのショップページに掲載されます★

それより以前の回は、バックナンバーページに掲載されています。

このリンクから該当ページに飛んで閲覧、お申し込みください。

★大阪教室DVD 再生上のご注意★

教室DVDは、作成ソフトの関係上、ごくまれに不具合があるようです。

現在、以下の状況が確認できています。

○PCでは再生できる

○海外製廉価版プレイヤーでは機種を問わず再生可(3000円くらいで購入可能なものでも)

古い国産ブルーレイ・プレイヤーで問題が生じている

2009年製アクオスで再生可」「2007年アクオスで再生不可

 

※万一問題が起きた場合は、返品等速やかに対処致しますのでご連絡ください。

2020年3月号 『過越の567(コロナ)』★new★

新型コロナ騒動・緊急ヌースライブ『過越の567(コロナ)』

 

1:現状の理解~正しく恐れること

2:「クラスター対策」を理解すること

3:新型コロナはラスボス「パンドン」

4:「変換先手」の「転換」で過ぎ越す

 

緊急事態宣言前、最後の大阪レクチャーです。DVD化にあたり、情報の更新もしています。ですが大筋は変わりません。統心が提唱する「4つの観点」とは

 

①臨床的観点→ウイルスの2つの顔(優しい顔・怖い顔)を知り「正しく恐れる」

②公衆衛生的観点→感染爆発・医療崩壊を防ぎ、犠牲者を減らし社会を守る

③政治経済的観点→自粛と経済活動のバランス、アフターコロナへの準備を始めよう

④スピリチュアル的観点→明るく前向きな気持ちに福来たる、「万事塞翁が馬」精神で

 

このライブで語った内容は、いまもって不動の見解であり、「withコロナ」時代を生きる者として必須の内容かと思います。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年2月号 『位置の転換 概論』

2020年は2013年から数えて8年目、ψ8「位置の転換」に相当する年。ψ7「位置の変換」とはペアになる概念です。そこで、今年の関西ヌーソロジー研究会・全体テーマを「位置の転換」としました。 

 

また、オコツトが初期に送信してきた「シリウスのハーベスト・プログラム」には、2013年:「位置の変換」開始、2025年:「位置の転換」開始、2037年:「入神」とあります。

 

2013~24の12年間が「位置の変換」期(ψ1~12)、2025~36の12年間が「位置の転換」期(ψ*1~*12)、この「変換・転換」が完全化して「入神」というワケです。(*:スターは他者側の観察子)

 

今月のヌーソロジー教室では「位置の転換」について、基本的な所を見ていきたいと思います。また、この一年を通して「変換・転換」が完全化して「入神」・・・ということの意味をより明らかにできるか、挑戦してみたいと思います。※「入神」とは、変換人の意識がヒトの次元に進化すること。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年1月号 『2020年の展望』

「位置の変換の時期(2013年以降)においては、どうも1年と次元観察子の1単位が同期する仕組みがあるようで。。。」(半田広宣氏ブログ cave syndrome 2008/12/12 の記事より)

 

このコーセンさんの言葉を真に受けて、一人マニアックに追求してきた統心ですが、その甲斐あって、8番目・ψ8にあたる2020年の意義、さらには2025年から2037~39年「入神」までの道のりが、おぼろげながら見えてきました。

 

ψ8は「位置の転換」と呼ばれ、ψ7「位置の変換」の対化とされます。さらにオコツトは2025年を「位置の転換開始」と位置づけています。変換と転換が完全化することでシリウスの領域が開示されます。それが「入神」。果たしてこれから世界はどうなるのか。

 

 

レクチャーの最後には、毎年恒例のウルトラマン・シリーズ解説!今年はさらに考察が進んでいます!語る私自身がひたすら驚く展開に・・・、ぜひぜひDVDにてご笑覧ください。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2019年12月号 『俯瞰と顕在化2~主語なんてイラナイ!』

「俯瞰と顕在化2」~「主語」なんてイラナイ!・・・何ということでしょう、1年の最後の月にして、またまた大傑作が誕生してしまいました。

 

今回は言語学者・金谷武洋氏の本を参考にして「主語廃止論」が説かれていきます。前半、というか大半がいつものヌーソロジー話というより「日本語について」の話になっていますが、これがまた面白い。ヌースを知らない人にも見せてあげると良いでしょう。きっと楽しんでもらえます。

 

そして話は「中動態」に行き着きます。この「中動態」の発見がヤバい!「思形と感性」「男性性と女性性」の統合を掲げた2019年でしたが、まさか最後にその「出口」が見えてくるとは。「事実は小説よりも奇なり」を地で行く令和元年最後の大阪教室DVDをとくとお楽しみください。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2019年11月号 『俯瞰(フカン)と顕在化(ケンザイカ)』

スピリチュアルや精神世界では「俯瞰」という意識的作業が重要視されます。「俯瞰」・・・自分自身を離れた位置から客観的に見ること。俯瞰は知性そのものであり、「高次元の知性」と言えるでしょう。しかしヌーソロジーのキモである「顕在化」は、この「俯瞰」とは全く違うものです。今回はその違いを明らかにしてみたいと思います・・・。

 

またその中で、「霊的唯物論」と「人間の反対」というヌーソロジー独自の概念について詳しく見ていくことになります・・・。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2019年10月号 『大嘗祭と2度の交替化』

令和元年11月14日から15日未明にかけて、大嘗祭は無事に挙行されました。新天皇即位後に行われる、一世一代の儀式。この儀式をもって天皇が天皇として真に立つ事ができるという極めて霊的な意義のある儀式でした。

 

Kohsen: 天皇家が行う大嘗祭とは何を意味しているのですか? 

Ocot: たぶん、ヒトの交替化が儀式化されたものだと思います。

 

オコツトはこのように大嘗祭について語ったと記録されています。そして「ヒトの交替化」には「2度の交替化」という本質があるのです。大嘗祭において「同じ儀式を2度行う」ことの真意を語れるのは、やはりヌーソロジーをおいて他にないと思われるのです・・・。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

★大阪教室DVDバックナンバー★

《下記価格はすべて税込みです》

19年9/28「アワとサヌキのサトリ」(2750円)

19年7/27「2019上半期総集編プラス」(2750円)

19年6/29「原因論と目的論パート2」(2750円)

19年5/25「原因論と目的論」(2750円)

19年4/27「同一性の解体」(2750円)

19年3/30「変換人の心象風景」(2750円)

19年2/23「思形と感性 概論」(2750円)

19年1/26「2019年の展望」(2750円)

18年12/22「一神教精神のあとに来るもの」(2750円)
18年11/24「クオリアと意識進化、そして量子系」(2750円)

18年9/29「クオリアについて」(2750円)

18年7/28「2018上半期総集編プラス」(2750円)

18年6/30「ニーチェを超えて」(2750円)

18年4/29「川瀬統心出版記念講演会」(3300円)

18年3/24「差異と等化、中和と反復」(2750円)

18年2/24「位置の等化 概論」(2750円)

18年1/27「2018年の展望」(2750円)

17年12/23「無限遠点について」(2750円)

17年11/25「双対性について」(2750円)

17年10/28「次元対称性について」(2750円)

17年9/23「人間型ゲシュタルトと一神教」(2750円)

17年7/22「2017上半期総集編」(2750円)

17年6/24「時空について」(2750円)

17年5/27「外面の発見」(2750円)

 
※各バックナンバーの解説ページはこちらをクリック

※バックナンバーの購入方法

以下、専用申込みフォームからお申し込みください。

 

《DVDバックナンバー専用申込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。