★DVD商品は、ご入金を確認してからの発送となります★

お申し込み直後、自動返信にて合計金額と振込先をお知らせしています。

迷惑メール等の設定によっては、返信メールが不達の場合もあります。

翌日になっても返信メールが来ない場合は、すぐにお問合せください。

※問合せ先:info@kansai-noos.com まで

★直近の6回分だけこのショップページに掲載されます★

それより以前の回は、バックナンバーページに掲載されています。

このリンクから該当ページに飛んで閲覧、お申し込みください。

★大阪教室DVD 再生上のご注意★

教室DVDは、作成ソフトの関係上、ごくまれに不具合があるようです。

現在、以下の状況が確認できています。

○PCでは再生できる

○海外製廉価版プレイヤーでは機種を問わず再生可(3000円くらいで購入可能なものでも)

古い国産ブルーレイ・プレイヤーで問題が生じている

2009年製アクオスで再生可」「2007年アクオスで再生不可

 

※万一問題が起きた場合は、返品等速やかに対処致しますのでご連絡ください。

2020年10月号 『二極化の本質 パート1』★new★

~内外それぞれの二極化を見極めよ~

 

2020年に入り、スピリチュアル界は「二極化」の話題で持ちきり。新型コロナの登場がその風潮をさらに加速させています。しかしながらその論調は「善・悪」「救われる・救われない」の御利益精神一辺倒。これは未だ一神教精神への囚われであり、人間型ゲシュタルトの範疇です。 

 

ヌーソロジーにおける「二極化」はその様な論調とは一線を画し、そこに善悪などの価値観が入り込むものではありません。それはあたかも細胞分裂時に極が2つに分かれる様に、2つの方向性がはっきりしていくことであり、はっきりと差異を伴って分かれていきます。ヌーソロジーにとっても二極化は最終構成における宿命です。

 

ここにきて、ヌーソロジーの対化と呼べるような方向性がカタチになって来ました。その1つがイギリスの哲学者・ニックランド氏を中心とする「暗黒啓蒙」ムーブメント。

 

最先端の科学とテクノロジー、最新の哲学、新興IT財閥らとの連携を伴って現れてきたこの暗黒啓蒙思想は、その動機や方向性、影響力において決して侮れるものではありません。間違いなくヌーソロジーの対化(外側の二極化)でしょう。

 

対化を知ることは己を知ること。この回ではニックランドの暗黒啓蒙を取り上げ、いま何が起きているのかを見ていくことにします。それはいま現在進行形で混迷している2020年アメリカ大統領選挙を紐解く為にも必要なことになるでしょう。

 

なお「外側の二極化」よりも大切な「内側の二極化」については、この回ではご紹介に留め、より深い探求は次回へと続くことになります。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年8月号 『持続空間の経済 パート2』

~交換と贈与、そして純粋贈与~

 

最初は話題の「MMT現代貨幣理論」の可能性に驚き、その革新性(反転性?)を何とか分かり易く伝えようと始めた統心流経済論。それがまさかこんな所まで導かれるとは・・・「普遍経済論」と「純粋贈与」の登場。

 

普遍経済論とは、異端の哲学者バタイユがかつて提唱したものですが、そのキモは「資源の無限供給・過剰性」にあります。従来の経済は「稀少資源の分配」に価値があるというのが暗黙の了解でした。地球上で生きる限り、資源は有限である。その資源をどのように分配するべきなのか・・・。突き詰めると経済(および政治)の本質はそこに行き当たると思われます。しかしもし、この大前提が間違っているとしたら?そう、そもそも「資源は有限だ」という考え方自体が人間全体が落ち込んでいる迷妄だとしたら・・・。

 

資源が有限であるとすれば、そこに格差が生じるのは当然のことです。誰かが必ずその稀少資源を総取りするか、分配の主導権を握ろうとします。それが戦争の原因にもなります。やがて環境破壊が進む中で、今度は資源の節約や環境保護、持続可能な未来が模索され始める。しかし環境破壊者もその保護主張者も、共に「有限資源」という前提を疑うことはしません。もしもこの大前提が間違っているとしたら・・・?きっとそこに全く別の道、別の可能性が開かれることになりましょう。

 

 

「ザ・マネーゲーム」からの脱出が現実のものになろうとしています。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年7月号 『持続空間の経済 パート1』

~意識進化と貨幣観の関係~

 

意識進化とお金(貨幣観)を結びつける統心ならではの着想と方向性。レクチャーはまず最初に「人はパンのみに生きるにあらず」の有名なイエスの聖句から始まります。

 

この聖句は「物質よりも霊性を重視しなさいよ」というのが通常の解釈。しかしその程度の解釈ではイエスの真意の半分にも至らない。何よりそれでは「現実」は変わらない。

 

実はこの聖句には欠かすことのできない文脈と「あるもの」が前提なのです。それが旧約聖書・申命記に出てくる「マナ」。実はこの聖句は、「パンとマナ」に関する奥義が語られていたのです・・・!

 

お金について学ぶ事。貨幣観の変遷を「意識進化」として捉え直すこと。そうすることで、遂に「信仰と現実」の問題を突き抜ける解決策・方向性へと至る??? 果たして「ザ・マネーゲーム」からの脱出は本当に可能なのか。

 

ここに来て、MMT現代貨幣理論という「お金に対する新しい見方」が登場したお陰で、統心は遂にその確信を得ました。まずはMMTを正しく理解することから始めましょう。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年6月号 『変換人のafter567』

~延長空間から持続空間へ回転せよ~

緊急事態宣言解除を祝して3ヶ月ぶりのヌースライブです。

 

1:日本の新型コロナ対策の結果は?

2:もはや避けられない全体主義

3:「お金の真実」に目覚める

4:「延長空間」から「持続空間」へ

 

「withコロナ」・・・私も最初はこれを6月のテーマにと思っていました。ですが直前に「afterコロナ」に切り替えたのです。それは2ヶ月以上に渡る自粛期間の深い瞑想の中から得られた「ある確信」からです。

 

日本の明るい未来、2025年以降に突如開かれる日本独自の道・・・様々な点が線となり、おぼろげながら面として見えてきました。今回はその一端をお話しています。

 

とくに今回から経済、それもお金の話を始めています。「意識進化はお金に対する認識と同期している」という事が今回はっきりと分かりました。

 

しばらくはこのお金探求シリーズは続くと思います。次々と驚愕の事実が明らかになって来ています。「お金の真実」を知ることで、私たちの意識進化がブーストされることは間違いありません。さぁ始めましょう。変換人のアフターコロナ。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年3月号 『過越の567(コロナ)』

新型コロナ騒動・緊急ヌースライブ『過越の567(コロナ)』

 

1:現状の理解~正しく恐れること

2:「クラスター対策」を理解すること

3:新型コロナはラスボス「パンドン」

4:「変換先手」の「転換」で過ぎ越す

 

緊急事態宣言前、最後の大阪レクチャーです。DVD化にあたり、情報の更新もしています。ですが大筋は変わりません。統心が提唱する「4つの観点」とは

 

①臨床的観点→ウイルスの2つの顔(優しい顔・怖い顔)を知り「正しく恐れる」

②公衆衛生的観点→感染爆発・医療崩壊を防ぎ、犠牲者を減らし社会を守る

③政治経済的観点→自粛と経済活動のバランス、アフターコロナへの準備を始めよう

④スピリチュアル的観点→明るく前向きな気持ちに福来たる、「万事塞翁が馬」精神で

 

このライブで語った内容は、いまもって不動の見解であり、「withコロナ」時代を生きる者として必須の内容かと思います。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日
2020年2月号 『位置の転換 概論』

2020年は2013年から数えて8年目、ψ8「位置の転換」に相当する年。ψ7「位置の変換」とはペアになる概念です。そこで、今年の関西ヌーソロジー研究会・全体テーマを「位置の転換」としました。 

 

また、オコツトが初期に送信してきた「シリウスのハーベスト・プログラム」には、2013年:「位置の変換」開始、2025年:「位置の転換」開始、2037年:「入神」とあります。

 

2013~24の12年間が「位置の変換」期(ψ1~12)、2025~36の12年間が「位置の転換」期(ψ*1~*12)、この「変換・転換」が完全化して「入神」というワケです。(*:スターは他者側の観察子)

 

今月のヌーソロジー教室では「位置の転換」について、基本的な所を見ていきたいと思います。また、この一年を通して「変換・転換」が完全化して「入神」・・・ということの意味をより明らかにできるか、挑戦してみたいと思います。※「入神」とは、変換人の意識がヒトの次元に進化すること。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

★大阪教室DVDバックナンバー★

《下記価格はすべて税込みです》

20年1/25「2020年の展望」(2750円)

19年12/28「主語なんてイラナイ!」(2750円)

19年11/30「俯瞰と顕在化」(2750円)

19年10/26「大嘗祭と2度の交替化」(2750円)

19年9/28「アワとサヌキのサトリ」(2750円)

19年7/27「2019上半期総集編プラス」(2750円)

19年6/29「原因論と目的論パート2」(2750円)

19年5/25「原因論と目的論」(2750円)

19年4/27「同一性の解体」(2750円)

19年3/30「変換人の心象風景」(2750円)

19年2/23「思形と感性 概論」(2750円)

19年1/26「2019年の展望」(2750円)

18年12/22「一神教精神のあとに来るもの」(2750円)
18年11/24「クオリアと意識進化、そして量子系」(2750円)

18年9/29「クオリアについて」(2750円)

18年7/28「2018上半期総集編プラス」(2750円)

18年6/30「ニーチェを超えて」(2750円)

18年4/29「川瀬統心出版記念講演会」(3300円)

18年3/24「差異と等化、中和と反復」(2750円)

18年2/24「位置の等化 概論」(2750円)

18年1/27「2018年の展望」(2750円)

17年12/23「無限遠点について」(2750円)

17年11/25「双対性について」(2750円)

17年10/28「次元対称性について」(2750円)

17年9/23「人間型ゲシュタルトと一神教」(2750円)

17年7/22「2017上半期総集編」(2750円)

17年6/24「時空について」(2750円)

17年5/27「外面の発見」(2750円)

 
※各バックナンバーの解説ページはこちらをクリック

※バックナンバーの購入方法

以下、専用申込みフォームからお申し込みください。

 

《DVDバックナンバー専用申込みフォーム》

ヌーソロジー教室への参加をご希望の方は、上記バナーをクリックして、申込みフォームからどうぞ。

「とうしん」のペンネームでブログを書いています。「ヌーソロジー実学派」のコンセプトのもと、現場に即した観点から、意識進化の方向性をひたすら追求しております。

「ワンネス本」の最後にご紹介した、ヌーソロジー研究者仲間の天海ヒロさんが提唱するアニマンダラ。生命版ヌーソロジーとも言えるアニマンダラの常識を覆す「負け組進化論」は、やがて全世界を巻き込むニューコンセプトとなるに違いありません。※上記バナークリックでオリジナルサイトへ。