★4月29日 川瀬統心出版記念講演会 特設ページ

★タイムスケジュール

【日時】 4/29(日)13時開場 13時半開演 17時10分頃終了予定

 

第1部《13:30~14:50》

 川瀬統心出版記念講演会:一神教精神の終焉

 ~20分間休憩~

第2部《15:10~16:30》

 対談① 半田広宣氏:ヌーソロジーにおける意識進化とは?

 対談➁ 天海ヒロ氏:進化の方向である“真性の負け組”とは?

 ~10分間休憩~

第3部《16:40~17:10》

 鼎談 川瀬統心×半田広宣×天海ヒロ

 いま、反キリスト期から超キリスト期へ(ニヒリズムの時代から超人の時代へ)

★参加費について

【参加費】 一般:4000円、学生:2000円(要、学生証提示)

・一般の方は、フォームより申込みの後、指定口座へ事前振り込みをお願いします。

・学生の方は、フォームより申込みの後、当日受付にて学生証提示と共にお支払い。

 

【その他、割引について】

※前日28日に開催されるイベントとの連続参加者には割引があります。

・4/28 覚醒期“レムリア”シンポジウム 主催:観音企画 後援:関西ヌーソロジー研究会

 

4/28参加費9000円、4/29参加費4000円で合計13000円のところ

2日間連続割引価格→10000円(3000円オトク)

★注意事項

【主催者の変更について】

4/29の主催者は、観音企画から関西ヌーソロジー研究会に変更になりました。

・4/29 主催:関西ヌーソロジー研究会 後援:観音企画

・4/28 主催:観音企画 後援:関西ヌーソロジー研究会

 

【既にお申し込み頂いている方】

すでに観音企画のFBイベント・ページよりお申し込みの方は、新たに申込みされる必要はありません。

 

【4/28イベントの詳細・申込みについて】

前日に開催されるイベント『覚醒期“レムリア”シンポジウム』と『川瀬統心出版記念講演会』は連続イベントです。連続参加されることで割り引き価格が適用されます。

 

前日は半田広宣さんをはじめ、既に新時代『覚醒期』を体現されている極人2名を迎えての、大変貴重なイベントとなっています。

 

ご興味のある方は以下のイベントページへ。

《4/28レムリア・シンポジウム紹介ページ》

★イベントのチラシ(PDF)ダウンロード

知人へのご紹介など、当イベントのチラシ(A4・1枚)を以下からダウンロードして頂けます。チラシの中にQRコードあり、そこから直接申込みができます。拡散へのご協力、よろしくお願いします。

4/29(日)川瀬統心出版記念講演会 イベント概要チラシ
川瀬統心出版記念講演会typeB.pdf
PDFファイル 850.0 KB
4/28(土)覚醒期“レムリア”シンポジウム イベント概要チラシ
180428覚醒期“レムリア”シンポジウム.pdf
PDFファイル 813.0 KB

★パフォーマー紹介

講演者 川瀬統心:1969年京都市生まれ。

「2013年から始まる新しい世界」をその20年以上前から描き出して来たヌーソロジー。新しすぎる情報ゆえに難解でもあり、一般人にとってハードルの高かったヌーソロジーを「ほどくように読み解く新進気鋭の解説者」として、2013年より活動を開始した。ブログ「自分教ガイド」では、長文にも関わらず熱い支持を多く得ている。2018年2月、『ワンネスは2つある』(ヒカルランド)上梓。

対談ゲスト 半田広宣:1956年福岡県生まれ。

1983年よりニューサイエンスの研究を糸口として、本格的に意識や物質を新しい視座で捉える研究に入る。1989年より約7年間にわたって冥王星のOCOTを名乗る意識体とのチャネリング体験をする。そのチャネリング情報の解読を軸に独自の宇宙論「ヌーソロジー」を構築、全国各地でレクチャー活動を開始。

著書に『2013:人類が神を見る日』(徳間書店)、『2013:シリウス革命』(たま出版)、ゲージ理論研究者・砂子岳彦氏との共著『光の箱舟 2013:超時空への旅』(徳間書店)。2017年7月には『シュタイナー思想とヌーソロジー』(ヒカルランド)を他二人のシュタイナー研究者と共に上梓、この中で現時点で最新のヌーソロジーを発表している。

対談ゲスト 天海ヒロ

アニマンダラ提唱者/アニマルメディスン研究家/数秘術鑑定士/映像作家/デザイナー

数秘術・生物学・進化論・認知心理学・環世界・身体論・シャーマニズム・メディスンカード・神話など、科学・哲学・精神文化を探究し、独自に、生命の己読みアニマル・曼陀羅=アニマンダラを構築。そのアニマンダラを数秘術に応用した生命数秘術アリスカルディアを開発。

意識物理学者であり独自の宇宙論『ヌーソロジー』提唱者の半田広宣氏とは旧知で、氏の処女作『2013:人類が神を見る日』のカバーデザインを手がけた。また、2013~2015レクチャーのオープニング映像を手がける。

★会場とアクセス

【場所】 キャンパスプラザ京都 第1講義室(5F)

 住所)京都市下京区東塩小路町939

【アクセス】 京都市市営地下鉄・近鉄京都線・JR各線「京都駅」下車、徒歩5分