★半田広宣氏ブログにご紹介頂きました。(2013 2/26)

2013年になって、身の回りが結構あわただしい。1月には横浜で「宇宙食堂」というレストランを経営しているAさんから講演の依頼があり、顔見せ興行ということでヌーソロジーのさわりの部分を話してきた。今月に入ってからは某出版社から対談本の話があり、昨日はその第一回目の収録を行ったところだ。来月は、京都で関西ヌーソロジー研究会を立ち上げたKさん主催の講演会に呼ばれている。再来月はすでに神戸と熊本から声がかかっている。

 

 今までもたまに講演会のお誘いはいろいろとあったのだが、基本的には丁寧にお断りしてきた。というのも、講演会というのはだいたい長くても2時間ぐらいの持ち時間しかないので、なかなかじっくりと腰を落ち着けて話ができないからだ。ヌーソロジーの醍醐味というのは全く違った概念の大系で世界を再構成していくことにある。こうした内容は単発の講演会ではとても話しきれるものではない。表面だけをなぞっても結果的に訳の分からない話になってしまう。そういう理由から、講演会というのは極力、避けるようにしてきた。しかし、時はすでに2013年。『2013: 人類が神を見る日』の著者としては、今年はほんとうに人類が神を目撃する年になるのだということを証明しなくてはならない。神を目撃すると言っても、神が空から降臨してくるとかいったそんなものではない。人類一人一人が実は創造者のポテンシャルを秘めた存在であるということを覚知するという意味だ。そのメッセンジャー役として今年は精力的に動き回ろうと思う。

 

ということで、さっそく来月行う京都での講演会の告知を。

 

 主催者は関西ヌーソロジー研究会のKさんです。Kさんは2009〜2010年に博多で行ったヌースレクチャーに全回出席していただき、現在、不定期に開いているヌースアトリウムにも、大阪から毎回参加していただいています。幼少の頃からイデアの世界を探求されていたようで、ヌーソロジーに出会ったとき、自分がそれまで考えていたイデアのあるべき条件をヌーソロジーが展開するイデア論がすべて満たしていると感じたそうです。それからというもの、ヌーソロジーの哲学を一般の人たちにも分かりやすく噛み砕いて、初心者レクチャーなど関西で展開されています。

 

(半田広宣氏 公式ブログ cave syndrome 2/26の記事より)

※ヌーソロジー教室に参加ご希望の方は、上記バナーをクリック!

Awakes(統心)は「とうしん」名でアメブロを書いています。「自分教」ガイドではヌーソロジーに限定せず、実生活の現場で役立つ「自分教」という新しい生き方を探求しています。

当会代表のAwakes(統心)のブログです。「ヌーソロジー実学派」の切り口で、観念的と思われがちなヌーソロジーによる「生活革命」を目指しています。(現在更新を停止しています。過去記事はあります。)一度ご覧下さい。